成田山幼稚園の紹介

border1

すこやか なりたさん幼稚園教育目標

心も体も健やかな子どもを育てます。

すこやか
  • 毎日の体操・乾布摩擦・裸足保育など、日々の活動を通じてたくましい心と体をつくります。
  • 「自分のことは自分で!」基本的生活習慣をしっかりと身につけていきます。
  • 外で身体をたくさん動かし、何にでも挑戦する気持ち・最後まであきらめない心を育みます。

なかよく

みんな仲良く思いやりのある子どもを育てます。

  • 毎日お友達と沢山遊び、様々な行事を協力して経験する中で、自分の思いを表現したり、相手の気持ちを知ったりと、互いを思いやる心が育ちます。
  • 異年齢のお友達との関わりを通じて、譲ったり分け合ったりする姿が自然と見られるようになり、自分がお世話してもらったことを年下の子に返そうとする気持ちが芽生えていきます。
なかよく

すなお

感謝の気持ちを持つ素直な子どもを育てます。

すなお
  • 心を落ち着かせ、み仏様に手を合わせる礼拝の時間を通じて、深い感謝の気持ちが生まれます。
  • 自分から挨拶をし、“ありがとう”“ごめんなさい”が素直に言える心を育てます。

成田山幼稚園の紹介

border1

あそび

広い庭園で毎日自由な遊びの時間があります。

遊びから学ぶひとつひとつのことが、この時期の子ども達にとって心の宝物となる経験となります。

  • あそび
  • あそび
  • あそび

自然体験

広大な敷地と恵まれた環境の中で沢山の自然体験から豊かな心と知恵を養います。

農産物・虫の生長過程を実際に感じることで、「いのち」というものに対する認識を深めます。

  • 自然体験
  • 自然体験
  • 自然体験

しつけ

これから社会に出て行くうえで大切なこと(挨拶・最後まで話しを聞く・物事を自分で考え判断するなど・・・)、生活する上で根っこになる部分をこの時期にしっかり身に付けていきます。

  • しつけ
  • しつけ
  • しつけ

成田山幼稚園の紹介

border1
logo

成田山幼稚園 園長 梅野 みき子

本園は、大本山成田山新勝寺の宗祖 弘法大師の「済世利人」(人々に喜びと幸せを与える)の精神を受け継ぎ地方文化のため昭和42年久留米の地に創設されました。
成田山の仏教理念に基づく建学精神のもと、人格形成に幼児教育がいかに重要であるかを認識し、恵まれた自然環境の中で心身の健全なる成長と善良なる習慣を習得することを目的として、明るく心豊かな成長を促す保育に専念しております。

いつも元気でニコニコ笑顔、明るい声がいっぱいの成田山幼稚園です。
たくさん遊んでモリモリ食べて、子どもたちみんなが健やかに育っています。
そんな元気いっぱいの子どもたちの今だけを見るのではなく、将来立派な大人に育ってくれることを願い、お寺の幼稚園として礼儀や感謝の心、そして最も大切な基本的生活習慣の習得を第一に、日々の保育に取り組んでいます。
子どもたち同様に明るく元気いっぱいの先生、子どもたち大好きの先生が、毎日みんなを待っていますよ。

お問い合わせ